スポンサーサイト

  • 2009.05.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


風水とトイレ掃除

 今回は、風水とトイレについて
みてきましょう。

トイレをきれいにしておくと
金運が上がるといわれています。

トイレ掃除が大事なんて
本をよくみかけますね

家の中には無くてはならないトイレですが、
風水からみるとトイレの位置は、
とっても大事になってきます。

方位で見る限りここが吉相であるという場所
がないのがトイレなのです。
トイレには吉相にならなくても
避けなければいけない方位がいくつかあります


続きを読む >>

風水での鏡の考え方

 
今回は、風水での鏡について書いていきます。

たぶん、どこのご家庭にも
鏡は、1枚くらいはあると思います。

場所は、玄関だったり
寝室だったりするのではないでしょうか

風水では、鏡をどのように
考えているのでしょうか

鏡は風水では、
陰気・邪気を反射して
部屋の中に入れないためのものです。



JUGEMテーマ:風水



続きを読む >>

風水の置き物




今回は、風水の守り神について書いていきます

風水グッズの中には
いろいろな神獣を題材にしたものが
多くあります。

そんな神獣について
今回はいろいろまとめてみました。

置物を選ぶときの参考にしてください



JUGEMテーマ:風水

続きを読む >>

風水DE金運UP



今回は、風水からみた金運について書いていきます

 金運上げたいですよね
 私もそうです

そこで、今回は風水的に金運を 上げる方法を考えましょう。

風水で金運を司るのは兌宮(だきゅう)、つまり【西方位】です。



続きを読む >>

黒門風水について



今回は、黒門風水について書いていきます

黒門は、くろもんではなくこくもんと読みます
難しい漢字も出てきますが
最後まで読んでいただけるとありがたいです

黒門風水は、東洋占術研究家の黒門氏が研究に
取り組み広めた風水で、近年雑誌やテレビなどで人気の風水です。

黒門風水の特徴は、八字風水、八宅風水、奇門遁甲という
三つの風水を独自の立場に立って使うところです。

八字風水とは、いわゆる四柱推命のことで、
生まれた年月日時の干支をもとに持って生まれた
長所、短所、運勢を知り、改善していく風水です。

黒門風水で使う八字風水は個人レベルから判断して
開運を提供していくので、より詳しい開運法を提示できるのです。

八宅風水とは住人の吉凶方位(「本命卦」)と、
家の吉凶方位(宅卦)を探る風水です。
八宅風水では本命卦と宅卦の吉凶方位が一致すること
が望ましいとされています。
このような状態を宅命相配(たくめいそうはい)と言います。

奇門遁甲(きもんとんこう)は、一般的に開運のための方位術と言われます。
奇門遁甲とは、積極的に運気を上げることが
できる時と方位を見つけ、吉方位へ移動することで
開運に導く改善を行う風水です。
奇問遁甲は未来を好転させようと、
積極的に動いて行くという側面を持っています。

風水によって気の流れを読むだけではなく、
その流れを上手く利用して吉方位へと導いていく、
窮地を打開し成功へと導く開運法のことで、
黒門風水の人気の秘密でもあります。

つまり、黒門風水は八字風水で
個人の長所や短所を分析そして判断し、
さらに奇門遁甲で吉方位を出し、
吉方位へ移動することで開運に導く改善を行うのです。

黒門風水は黒門氏の著した本やサイトなどで
大筋の内容を知ることができます。
また、黒門氏の講演会などに参加して、
黒門風水を本格的に学ぶのもよいでしょう。

風水というとどうしても、インテリアとか持ち物
というイメージがあります。
しかし、この黒門風水は
風水により自分自身を分析し、いい方角に自分から動く
ことで運気を引き寄せようとしています。

能動的ともいえる風水ですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

JUGEMテーマ:風水


風水と家相の違いについて

今回は、風水と家相の違いについて
書いていきます。

まずは、風水についての復習です。
一般的な意味での風水とは、地理的な状況を指す言葉です。

「気は風に乗れば散らばり 水に界(へだ)てられれば止まる。
古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず 
これを行いて止めるあり ゆえに、これを風水という」。

風水の本質は、気を操ることにあり、
「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、
運気を上げるというものです。

それでは、家相はどうでしょうか?

家相とは中国伝来で
陰陽五行(おんようごぎょう)説に基づき、
家の位置・方角・構造などから、
その家に住む人の吉凶を判断する方法です。

家相は、日光や風の流れ、
大地のエネルギーなど自然の恵みを住まいに取り入れようとする
生活の知恵でもあります。
また、家相には「〜してはいけない」「〜は凶」といった条件
による禁止形の指示が多く見られるのも特徴の一つです。

風水と家相の大きな違いは、
風水が気の流れや気の取り入れという視点で
家全体を捉えているのに対して、家相は吉の条件と
凶の条件のいずれに当てはまるかを、
各部屋ごとに細かく分析・判断するところにあります

本来の風水は地勢や方位、地脈を重視し家を建てる場所
や墓を造る場所などを決めるものです。
一方、家相は家そのものや敷地を整えていくという方法です。

家相によって間取りや方位を決めていくと、
自然に陽当たりが良く、風通しが良い暮らしやすい住まいになり、
家族の安定・繁栄・発展・成功などの幸せにつながっていくのです。

風水や家相を診断するということは
快適な生活を送るための先人の知恵でもあります。

陰陽五行説とは、
陰陽説と五行説がくっついたものと考えられます

陰陽説とは、陰陽という二つの対立の理論
と考えられると思います。

五行説とは、木火土金水という五行から万物が成り立っていて、
それが消長し、結び合い、循環することによって、
あらゆる現象が出てくると考えたものと思ってください。

この二つを、観念的に組み合わせて、
万物に当てたのが『陰陽五行説』ということができる。

風水と家相の違いをしっかり理解して
普段の生活にじょうずに取り入れたいですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。


ランキング参加中です


 人気ブログランキングへ


 にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ



風水DE財布



さて、今回は風水で考える財布について
書いていきましょう。

財布は、大事ですよ

なぜかって
それは、毎日もつものであり
お金を入れておくところだからです

風水では、物の色や形など
によって気の流れが変わると考えます。
つまり、持っている物によって
その人の運気が変わるということです。

つまり、持っているお財布の形や
色によって金運も左右されるということになります。

風水では財布が2年を過ぎると
金運が下降する傾向にあります。
風水では、同じものを長く使うのはあまり好ましくない
と考えます。
風水では、財布はお金の家といわれています。
表面がかすれていたり、ボロボロの財布を使っていても
金運は上がりません。

金運を上げる財布の色として
風水では黄色、白、茶、ベージュ、黒がおすすめ。
特に黄色は黄金の色を連想させる
金の気をもつ色ですのでおすすめです

黄色から富裕感をイメージすることで
金運の道が開けるのです。

金の金具がついていたり
内側の布地が黄色だったりしたら、
最高の金運の財布です。

茶やベージュは貯蓄運を上げる色。
黒の財布は今の金運に満足している色です。

財布はお札がのびのびできるようなような
長財布を使うと金運をアップさせます。
二つ折りのお札が折れ曲がるタイプは避けるべきです。
財布の中のレシートやカードなどを整理して、
お金を呼ぶ黄色と出費を抑える
ブルーのカードを入れておとよいでしょう

また、お金の入れ方もお札は揃えて下向きに入れるのが常識です。
黄色やラベンダー色の布で拭くとお財布が喜びます。
風水では古くなった財布もすぐに捨てるのではなく、
部屋の北東などに置くと、お金を呼び寄せる運気が
上がると言われています。

小銭は、コインケースを使いましょう。
また、余分なカード類は別で持ちましょう。
レシートなんかで、財布をいっぱいに
しないようにもしましょうね。

財布は、お金の家と考えて
居心地いいとお金に感じてもらえるように
いろいろ考えて工夫してみましょう

JUGEMテーマ:風水
人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

風水で見る玄関について






今回は、風水と玄関の関係について
書いてきます

風水では玄関は、その家の
運気が入ってくる重要な場所と考えます。

運気は生気のあるものに向かって流れ込んでくるので、
きれいに片付け生花をかざりたいですね。

玄関の掃除を丹念に行うのは風水の基本です。
なぜかというと、
玄関が汚れていると運気も逃げていきます。
玄関の掃除の後、盛り塩をすると運気を補ってくれますよ。


風水では、鏡は開運や
厄除けグッズとしても重要なものです。
鏡には、風水では「悪い気を跳ね返す」という意味があります。
しかし、玄関正面の鏡は避けてください。
それは、正面に置くと外から入ってくる
良い気まで反射してしまうとされています。

玄関では、「左に飾ると金運がアップ」し、
「右に飾ると地位・名誉が高まる」とされています。
両方、つまり向かい合わせは
良くありませんので避けてください。

玄関マットは必ず敷きましょう。
外からの悪い気を払い落とし、
良い気だけを家の中に
引き込んでくれるフィルターのような
役割を果たしてくれます。
できるだけ天然素材のものを選びましょう。

置物は、光を反射・拡散してくれる
クリスタル製のものがおすすめです。
鏡と同じ原理ですね。

玄関には必ず表札を出してください。

風水では季節ごとにスリッパの素材を
変えることが重要とされています。

玄関は幸運の気が入る場所です。
靴はきちんと汚れを払い、下駄箱の中に収納しましょう。
古い靴は運気を上げるために処分しましょう。

風水では、循環することが良いこととされてますから、
下駄箱も臭いがこもらないように
綺麗にしておくように心がけましょう。

簡単にいえば、
玄関は家の顔であるので
きれいにしようということですね。

玄関は旺気と呼ばれる良い気の入り口です。
しかも、その旺気は玄関からしか入ってこないのです。

ですので、玄関をきれいにしておく事は
良い気を家の中に入れるためになる
大切な事なんですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ

JUGEMテーマ:風水

風水と色について 恋愛運はピンク?



今回は、風水と色について書いていきます。

風水では、方角だけでなく色も大切にしています

ですので、風水ではよく、
「○○の方向に△△色のものを置くと運気がアップする」
といった言い方をしますね。

風水では色と方位が密接に結びついて、
開運に大きな影響を持つとされています。

色は視覚を使うことから、
色自体が持つパワーと効果に着目します。


風水では、
金運アップには西に黄色のものを置くといったように、
どういう方角にどういう色のアイテムを置けばいいかを示しています。

風水と色の関係では、
部屋のインテリアなどの方角と色を
自分の上げたい運気の色に変えると、
恋愛運、金銭運、仕事運などの運気を上げることが出来き、
開運につながると考えられています。


具体的に、風水的色のイメージと活用を紹介してみましょう。

赤色は仕事運 健康運などで、これから勝負に出るとき。
■黄色は金運上昇、社交上手になりたい等のとき。
■ピンク色は人間関係をはぐくむ 幸運。
 恋愛や結婚願望があるとき。服やアクセサリー、下着などにピンクを使うと良い。
■オレンジ色は対人関係や人気をあげたいなど、人との交流を円滑にしたいとき。
■茶色は落ち着き、家庭円満等を得たいとき。
■青色は仕事や才能など、集中力を培いたい、冷静な判断をしたい等のとき。
■紫色は高貴な色で、地位や名誉等、ステータスをあげたいとき。
 洋服やアクセサリーなど身につけるモノや、
 インテリア、オフィスなどに一つは取り入れると良いようです。
■黒色は格を上げる おくゆかしさ 秘密を守る ため込むという意味があり、
 現状維持や秘密に関する事に。
■白色はこれから何かを始める時とか、リフレッシュしたいとき。
 財運 人間関係改善 リラックス。

特に、恋愛においてはピンクと組み合わせて使うと
運気アップにつながります。

恋愛運を上げたいっていう時に
ピンクというのは、なんか納得がいきますね。

男の人の場合・・・・。
こんなかんじのストラップなんかいいかもですね


さすがに、ピンクの下着はねえ(笑)

お部屋のインテリアを選ぶ時に
このような色をとりいれてみるもの
アクセントになっていいかもしれないですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
JUGEMテーマ:風水



風水DE部屋探し

風水と部屋探しについて書いていきます

最初に言っておきますが
風水的に完璧な家というのは
ほとんどありません。

まず、そこに注意しましょうね。

風水からみて部屋探しをする場合、
住居の立地条件なども深く関係してきますが、
色や方位が係わってきます。

風水では道路のある方角と玄関の方角が重要です。

風水は、対極(例えば陽と陰のような)
という概念を重要視します。

ですので、その対極にある物事を整えると
うまくいくとのことですよ。

建物の方角が悪かったり、玄関の向きが悪い場合、
カーテンの色を変えたり、観葉植物をいい方角におくなどするだけでも、
いい運気を呼び込むことが可能です。


また、元いた方々の運気が
染み付いたような部屋の場合、
風水によって方位を確認し、
カーテンの色などを替えることで改善されます。

風水では、間取りは重要な要因です。

部屋の居心地は間取によって大きく影響されます。
風水では、自然にある気の流れと、物の関係を考えます。
家の中では、間取や家具などの配置によって気の流れが変わります。
風水では、こうした間取などを図にし、気の流れと配置を考えます。
風水で見て、家の間取から気の流れを読み取るといっても、
簡単なことではありません。

自分で調べてもいいですが、
風水師に相談して診断してもらう方法もあります。
風水では方角によって色が決まっています。
方角は8つの方位に分けられていて、
それぞれの方角に合う色があり、
その方角にその色を利用すること
で風水の運気アップにつながります。


お金が入るといわれている方位にはその色があり、
健康運がアップするといわれてる方位には
健康運アップの色があります。

部屋のカーテンの色やベッドカバーの色を変えるだけでも、
運気が劇的に変化することもあります。

冒頭で書きましたが、風水的に完璧な家というのは
ほとんどありません。

なので、色やインテリアを使って
風水的によりましな運気になるような
部屋にしていきましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
JUGEMテーマ:風水

sponsored links
SEO
  • seo






Powered by FeedBurner

ランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM